admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコGP決勝結果。と戯言。誰か嘘だと言って。


1 K.ライコネン (マクラーレン・メルセデス)   1:24'34.454
2 F.アロンソ (ルノー)                1:24'53.063
3 J-P.モントーヤ (マクラーレン・メルセデス)  1:24'54.089
4 G.フィジケラ (ルノー)               1:25'12.427
5 J.バトン (B・A・R Honda)            1:25'13.758
6 J.トゥルーリ (トヨタ)                1:25'29.874
7 D.クルサード (レッドブル)            1:25'43.750
8 C.クリエン (レッドブル)              1:25'46.076
9 佐藤琢磨 (B・A・R Honda)           1:26'24.441
10 R.バリチェロ (フェラーリ)            1:24'37.474
11 J.ビルヌーブ (ザウバー)            1:25'08.046
12 R.シューマッハ (トヨタ)             1:25'08.608
13 R.ドーンボス (ミナルディ)            1:24'48.942
14 N.カーティケヤン (ジョーダン)         1:25'01.551
15 T.モンテイロ (ジョーダン)            1:25'15.082
   C.アルバース (ミナルディ)            周回数不足
   M.シューマッハ (フェラーリ)           周回数不足
   N.ハイドフェルド (ウィリアムズBMW)       タイヤ
   F.マッサ (ザウバー)                 エンジン
   M.ウェーバー (ウィリアムズBMW)        タイヤ



昨日、佐藤琢磨は不運さでマクラーレンを軽く飛び越えたとか書きましたが、
前言撤回。マクラーレンの方が確実に上です。まさにダントツ。
ピットストップのタイミングで多少順位は変わるものの、予選同様、
ルノー、マクラーレン4台が阿呆のように上位走行を続けていました。
残り3周まで、ダントツライコネン、援護射撃のモントーヤ、追うアロンソ、フィジケラ
だったのですが、モントーヤが周回遅れのモンテイロに追突され、アロンソとの差が詰まり、
それでも何とか2位は守れそうかと思われたのですが、魔の第8コーナーで、
コースから出てしまい、すぐに戻ったものの、アロンソに抜かれると言う恐ろしい結果に。
どうしてマクラーレンは最後の一周まで見る人を安心させてくれないんでしょうか。
結局ライコネンとアロンソのポイントは2ポイント縮まったのみ。
レースが終わってもしばらく開いた口がふさがりませんでした。


私の呪いは効かないわ、それ以上に強烈な呪いがマクラーレンに掛かってるわ、
密かに応援することを決めてたアルバースとハイドフェルドは沈むわで、
もう私が目を付ける人たちが不運なのか、私が目をつけるから不運なのか。
卵が先か、鶏が先か、はたまたひよこが先かと言った具合です。
レース自体は、抜きつ抜かれつ、適度にトラブル&リタイアと、大変楽しめるものでしたが。

スポンサーサイト

テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 日日語録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。